AGAの仕組み

男性特有の抜け毛の原因AGAとは

AGAとは「AndroGenetic Alopecia」の略称であり、男性型脱毛症という意味を持ちます。その名前の通り、男性の体質的な問題が関わり抜け毛を引き起こすものです。

この原因を説明する上では、下記のキーワードが必要となります。

男性ホルモン(テストステロン)
・・・主に睾丸で生成される男性特有のホルモン

5αr(ファイブアルファリダクターゼ)
・・・毛根に存在する抜け毛に関わる酵素

DHT(ジヒドロテストステロン)
・・・抜け毛そのものの直接的原因

まず、男性の毛根には、5αリダクターゼという酵素の一種が存在しています。
5αリダクターゼには、1型と2型という二つの型が存在していて、1型は皮脂腺、2型が毛根内に存在しています。

一方、生産された男性ホルモンは血液に乗って体内をめぐり、毛根へたどり着くと5αリダクターゼの影響によって、DHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンに変化します。

このホルモンは、毛乳頭内に存在するアンドロゲン受容体と結合する事で成長期を終わらせてしまいます。すると、毛髪の成長をストップし抜ける状態(退行期)へ進行するのです。

こうして、本来なら3年から5年程度は成長しつづける髪が半年~数ヶ月以内に抜け落ちてしまうようになるのです。その割合が多くなり、明らかに薄毛が進行している状態がいわゆるAGAと言うものになります。

AGAの進行は改善するものではなく、抜け落ちて次に生えてくる髪の毛のサイクルが乱れることによって、次第に、生えていない割合が多くなり、その状態で時間が経過する事によって毛穴がなくなり、益々薄毛が進行してしまうのです。

こうした状態を避ける為には早めに対策が必要があり、その方法として、原因であるDHTの生産を直接的に抑える働きがあるプロペシア(フィナステリド)を内服することによる治療が今では一般的に行われるようになっています。