フィナステリドの効果

脱毛原因DHTの生産を抑える有効成分フィナステリド

フィナステリドの直接的な効果は、脱毛を促進する原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生産を抑えることです。

DHTの生産を抑える為には、毛根に存在する5αリダクターゼが男性ホルモン(テストステロン)への結合を防ぐ必要があり、その働きを担っているのがフィナステリドです。

また、5αリダクターゼには、1型と2型という2種類が存在していて、皮脂腺には、1型、そして、毛根にあるのは2型。つまり、2型の5αリダクターゼを男性ホルモンに結合させなくするのがフィナステリドの働きです。

2型の5αリダクターゼと男性ホルモンの結合によって作り出されたDHTは、毛乳頭内に入り込み、毛髪のサイクルを早めてしまいます。すると毛髪は成長期から後退期へと進み、抜け毛が促進されてしまいます。
AGAの仕組みに関してはこちら

フィナステリドによってDHTの生産が抑えられると、進行してしまったAGAの状態が改善されるので、本来の毛髪サイクルへと戻る事で抜け毛が入り、次第に、髪の量が増えてくるようになります。

AGA治療効果を得る為には、フィナステリドの血中濃度を安定させることが大切。
その為には、毎日決めた時間に服用するように心がけ、フィナステリドが常に一定以上の量、体内に巡っているような状態にするのが理想的です。